ひとにぎりの水・プロジェクト

Scroll down to see more

水とか霧とか煙みたいな流動化する物質は、一握りにつかみ取ることは難しいが、興味の対象としていつも身近なところにある。今回は感触の対象として「水」を選んだ。水滴装置を使って、水の入ったボールに波紋を拡げる発想が生まれた。水が心情的感触を身体にどう与えるかが焦点である。インスタレーションと関連して、身体表現者や音楽家とコラボレーションも展開する。
Submit
Thank you!
Back to Top